瀬戸市・尾張旭・長久手の歯科(歯医者)ベル歯科医院。一般歯科・小児歯科・インプラント・口腔外科・矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科

インプラント

ホーム»  診療案内»  インプラント»  インプラントの流れ

インプラントの流れ

インプラント治療を行う際には、手術の前に様々な検査や説明などが行われます。
また、手術後にも充分なメンテナンスが必須です。ここではインプラント治療の流れについてご紹介します。

1.検査 最初に虫歯や歯周病などの検査を行います。
その際に噛み合わせや全身疾患などの状態も確認します。
2.精密検査 レントゲンやCTなどの機器を使用して、インプラントを埋め込む部位の骨量・骨質などの詳細な検査を行います。当院ではインプラント術前シミュレーションソフト「SimPlant:シムプラント」を採用しております。
3.インフォームドコンセント 上記の検査によ.る診断結果から医師が治療計画を作成し、インプラント治療の概要や手順、手術後の定期検診、治療費用についてなど細かな説明を行います。
4.手術 歯ぐきを切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
その後、歯ぐきを縫合して仮歯を取り付けます。
5.治療期間 インプラントが顎の骨と結合するまで1ヶ月半から4ヶ月ほど待ちます。
6.印象採取(型取り) インプラントと顎の骨がしっかりと結合したことを確認し、歯型を採って人工歯を作成します。
作成した人工歯をインプラントに取り付けて治療完了です。
7.メンテナンス 手術後は、インプラントの維持のために定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスは基本的には「ホームケア」と「ドクターケア」の2種類です。

お気軽にご相談ください

当院では、この他にもさまざまなご質問にお答えしております。
気になる点、治療に際して不安に思うことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP